ルクレール余裕のグランドスラム達成|F1オーストラリアGP感想

開幕第3戦はオーストラリアGP。コロナの影響で過去2年は中止になっており、3年ぶりの開催となります。アルバート・パーク・サーキットは公道コース。湖をぐるっと廻るレイアウトになっていて、とっても綺麗!日本とは時差もないため、お昼の時間に観戦できる貴重なGPでもあります笑
市街地からのアクセスもいいみたいだし、現地観戦してみたいGPのひとつです!
ここ最近(コロナで中止になる前)は開幕戦の舞台だったこともあり、オーストラリアGPってシーズンの始まりというか、春が来たなっていうイメージがあって、テンション上がります!
それでは、そんなオーストラリアGPを振り返っていきましょう。

予選

ポールポジションはルクレール!2位と結構な差をつけて、今シーズン2度目のPP獲得です。赤旗での中断がありつつも、集中力を切らさなかったなと思いました。一方、チームメイトのサインツは赤旗のタイミングが悪かったのもありますが、Q3最後のアタックをまとめられず、9番手に留まりました。

ここまで調子のよくなかったマクラーレンが2人揃ってQ3進出です。アップデートは特に投入されてないと思うから、コース特性がマクラーレンのクルマに合っていたのでしょうか。リカルドにとっては母国GPなので、ファンにとっても嬉しいですね!アルピーヌもいい感じで、こちらも2台ともQ3進出。アロンソの最後のトラブルは残念だったけど、やっぱアロンソはすごい!

逆にちょっと元気ないのがハース。マグヌッセン、開幕戦の勢いはどうした!?

予選順位・決勝グリッドは以下の通り。

  1. シャルル・ルクレール(Ferrari)
  2. マックス・フェルスタッペン(Red Bull)
  3. セルジオ・ペレス(Red Bull)
  4. ランド・ノリス(McLaren)
  5. ルイス・ハミルトン(Mercedes)
  6. ジョージ・ラッセル(Mercedes)
  7. ダニエル・リカルド(McLaren)
  8. エステバン・オコン(Alpine)
  9. カルロス・サインツ(Ferrari)
  10. フェルナンド・アロンソ(Alpine)
決勝

ポールスタートのルクレールがレース全体を通して他を圧倒。①ポールポジション、②レース勝利、③ファステストラップ、④全ラップリードのグランドスラム達成!フェルスタッペンもルクレールのペースについていくことができず、危なげない勝利でした。ただ、チームメイトのサインツは決勝でも精彩を欠いており、コーナーで無理して突っ込みスピン、そのままグラベルにはまってしまい、2周目でリタイアとなりました。フェラーリのレースペースを考えると、そんなに焦らなくても最終的には余裕で表彰台には戻ってこれたのでは思います。こういうミスが続くと、余計にプレッシャーが掛かっちゃいますよね…。

対するレッドブルはまたしてもフェルスタッペンにトラブル発生…。3戦終わって2回リタイアっていうのはちょっとまずいと思います。ただでさえレースペースでフェラーリの遅れを取っているのに、信頼性にも問題があるのはキツいですね。早急に改善できればよいのですが…。

メルセデスも相変わらずペースはよくない。ただそんな中でもきっちりと2台揃って完走し、ポイントを持ってくるあたりはさすがです。特にトップ2チームが脱落すると、本来の実力以上の順位でフィニッシュすることができる。あと、ラッセルは今回セーフティカーのタイミングで得したけど、その後のペレスを数周に渡って抑えた走りはよかったよね!ハミルトンにはもう少しラッセルを追いかけ回してほしかった笑

ウィリアムズのアルボンはギャンブルを成功させました。2回目のセーフティカーが終わった後の順位を見ると、なんとアルボンが7位を走行!そしてそのまま最終週までピットインせずに、58周レースの57周を1セットのハードタイヤで走ってしまいました笑 最終的に10位でフィニッシュし、嬉しいポイント獲得です。中団勢のこういう作戦、結構好きです!失敗することのほうが多いけどねー。

その他については、、、ベッテル大丈夫かな…。

決勝のリザルト↓

  1. シャルル・ルクレール(Ferrari)☆FL
  2. セルジオ・ペレス(Red Bull)
  3. ジョージ・ラッセル(Mercedes)
  4. ルイス・ハミルトン(Mercedes)
  5. ランド・ノリス(McLaren)
  6. ダニエル・リカルド(McLaren)
  7. エステバン・オコン(Alpine)
  8. バルテリ・ボッタス(Alfa Romeo)
  9. ピエール・ガスリー(AlphaTauri)
  10. アレクサンダー・アルボン(Williams)

スタート直後のDRSが使えない状態だと、ポーパシングが発生するクルマと発生しないクルマの違いが顕著ですよね。フェラーリとメルセデスが跳ねる跳ねる…笑 レッドブルは割と安定してます。

次回はイモラ!各チーム、アップデートを持ち込んでくると思われるので、改善に期待ですね!特にレッドブルは信頼性なんとかしてね…。

それではまた!

コメント

タイトルとURLをコピーしました